作品検索結果詳細

一ツかしら ヒトツカシラ

一ツかしら 

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ  (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称
落款等備考 一勇斎國芳
制作者備考 山本屋平吉
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 おもちゃ絵 戯画
内容2 だまし絵
内容3 一頭多体画(2人 3人)

追加情報

一つかしら五人
*本史料のタイトルの「一つかしら五人」は右上の子供五人の絵を示すが、絵図の大半が頭一つに複数の胴体を組み合わせたものであるから「一つ頭絵尽」といった仮題のほうが適当と思われる。
右上より順に翻字。
【右側】
一つかしら五人
子供二人
天狗の□け合

端午の節供
五月五日は、端午と云。此日より帷子(かたびら)をきる。此節句は、毒虫出て人の身を害するゆへ、粽(ちまき)のかたちにして是を食し、禍(わざわい)なき事を表し、蓬・菖蒲を軒にふく事も邪気をさける呪術なり。

けふといへは蓬の若葉刈添て
宮もわらやもあやめふくなり
歌麿筆 泉市(和泉屋市兵衛)版
(小泉吉永氏解析)

長五郎・長吉二人
すもふ二人、としより引分、つがう三人
一勇斎国芳戯画
まくら引三人
脛野五郎・河津三郎
取組・行司三人
(曲尺を交差させた格好に「久」の字の商標は山本屋平吉)

【左側】
○かしら一つにて徂討の武者三人にもちゆる。
廿四孝 西行 おとも
○あしばかり一人もちいて四人にかわる。
せんどう 道ぶしん くぎうち 力もち
○鬼のかしら一つにて三つにもちゆる神なり。
いばらき童子 北こくのおに
○かしら一つ、ざとうのすもふ
○かしら一つにて三人のけんくは
○一つのかさ、二人のつりし
(小泉吉永氏翻刻)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵