作品検索結果詳細

新板武者揃シンパンムシャソロイ

新板武者揃

拡大して見る

作者名 重宣 (歌川 重宣/二代 歌川 広重)
作者名ヨミ シゲノブ (ウタガワ シゲノブ/2ダイ ウタガワ ヒロシゲ)
代表明細・シリーズ名称 新板武者揃
落款等備考 重宣画
制作者備考 山甚
印章等
印章注記
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 おもちゃ絵
内容2 人物づくし絵(英雄豪傑) 武者づくし 人物こま絵
内容3 武者 主従

追加情報

古代から戦国時代までの人気武将を、武将を支えた家臣と組み合わせて描いた武者尽くしの主従版である。古くは応神天皇の母とされ、朝鮮半島遠征伝説で知られる神功皇后(絵では后皇)から、源平合戦・太平記の武将を経て信玄・謙信で終わっている。当時、信長・秀吉・家康などは、描くことが許されなかった。16組の主従が登場している。
上段右から左へ、神功后皇・武内(神功皇后と武内宿禰)、渡辺・頼光(渡辺綱と源頼光)、義家・權五郎(源義家と鎌倉権五郎)、為朝・喜平次(源為朝)、頼政・早太(源頼政と猪・早太)、義仲・兼平(木曽義仲と今井兼平)、能登守、薬王丸(能登守教経)、頼朝・五郎丸(源頼朝)、知盛・景清(平知盛と上総悪七兵衛景清)、義経・弁慶(源義経と武蔵坊弁慶)、正成・鷺池(楠正成)、義貞・篠塚(新田義貞と篠塚重広)、足利・彦七(足利尊氏と大森彦七)、信玄・勘助(武田信玄と山本勘助)、謙信・直江(上杉謙信と直江兼継)
江戸後期に子どもたちに人気のあった武将が分かり、また主従関係を重視していたことが読みとれる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵