作品検索結果詳細

雅舞尽  [稚舞尽] [オサナマイヅクシ]

雅舞尽  [稚舞尽] 

拡大して見る

作者名 貞升  (歌川 貞升)
作者名ヨミ サダマス  (ウタガワ サダマス)
代表明細・シリーズ名称 雅舞尽:稚舞尽
落款等備考 貞升画
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 中判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 おもちゃ絵
内容2 遊戯画 踊りづくし絵
内容3 舞踊(朝妻 狂乱 汐くみ 鰹うり 道成寺 春駒 石橋 浦島 手習子)

追加情報

江戸の女の子に人気のあった踊りの演目をカード仕立てにしてある。
右上から下へ。「朝妻」は、烏帽子姿の白拍子が小舟で踊り浅妻船とも呼ぶ。「狂乱」は、お夏・清十郎の悲恋物語。「汐くみ」は、塩作りのため海水を汲む娘で能に取材した踊り。「鰹うり」は、威勢のよい初鰹売りの舞踊化。「道成寺」は、紀州道成寺の安珍・清姫伝説に由来する踊り。「春駒」は、新春の門付芸・春駒の舞踊化したもの。「石橋」は、中国の清涼山・石橋での獅子の舞。「浦島」は、竜宮から帰った浦島太郎の物語。「手習子」は、草紙を提げた下げた寺子屋帰りのませた娘の踊り。画面の十字にそって切り離すと、9枚のカードになる。
江戸の少女は音曲・舞踊を習って武家奉公に上がることが、良縁への道であった。舞踊の人気ぶりと、演目には恋にまつわるものが多いことが分かる。
・貞升は大阪の生まれで、国貞の門人。役者絵や風景画を中心に、主として上方で活躍した。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵