作品検索結果詳細

正月遊び ショウガツアソビ

正月遊び 

拡大して見る

作者名 清長   (鳥居 清長)
作者名ヨミ キヨナガ (トリイ キヨナガ)
代表明細・シリーズ名称 正月遊び
落款等備考 清長画
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 天明頃
西暦 1781-1789
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 紅摺絵
種別3
内容1 子ども絵 風俗画
内容2 遊戯画 年中行事絵
内容3 正月 女子 少女 羽根つき 盤双六 毬つき 

追加情報

正月を迎え、晴れ着姿でさまざまな遊びを楽しむ女性を描いている。「娯楽亭」の額もかかげられており、飢饉の年もあったが江戸の女性たちは、遊戯を楽しむ余裕のあったことを示している。
遊びは、手前から羽根突き(追羽根)、毬つき、盤双六であり、座敷の奥には歌ガルタの箱や琴も見えている。羽根つきの少女の着物は麻の葉文様であるが、麻の葉は丈夫ですくすくまっすぐに伸びることから、子ども着の文様によく用いられた。この子も、毬つきの子も腕を動かしやすいように広口の袖を「ささげ」と呼ばれる留具でとめてある。豆のささげと似た形状で装飾品でもあった。
娯楽亭
(小泉吉永氏翻刻)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵