作品検索結果詳細

子ども力持ちコドモチカラモチ

子ども力持ち

拡大して見る

作者名 貞重  (歌川 貞重/歌川 国輝)
作者名ヨミ サダシゲ  (ウタガワ サダシゲ/ウタガワ クニテル)
代表明細・シリーズ名称 子ども力持ち
落款等備考 貞重画
制作者備考 藤彦
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判ヨコ
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯画 見世物
内容3 少年 力持ち 米俵 酒樽 碇 水桶 拍子木 

追加情報

天保年間に三都(京・大坂・江戸)で人気を呼んだ子どもの力持ちの、さまざまな妙技を描いた作品である。子ども力持ちの一座は大坂で生まれ、大碇・鉄割・岩崎などの一座があったが、12歳以下の子どもが演じ、江戸でも興行が開かれた。中でも評判の高かったのは、大碇梅吉一座だったが、本図には大碇が持ち込まれており、その一座と分かる。
右では布団に仰向けに寝た子が、右手に「大入」の扇を持ち、両足を上げて岩をかたどった台を支え、その上には米俵三俵にさらに子どもが座って「大当」の扇を広げている。中央では拍子木を打つ子と、「大当」の扇を持つ子が調子を取りながら口上を述べている。前には水桶があり、後ろには酒樽(剣菱)を肩に乗せた子と、大碇を降ろして汗をふく子が見える。左では片手で米俵二俵を差し上げた子がおり、酒樽(男山)に座って出を待つ子と少女がいる。扇の文字は、この興行が「大当たり」「大入り」であることを願っている。
天保時代に人気を呼んだ子どもの力持ちが、どんな演技を行ったのかを具体的に示す貴重な史料図である。また、浮世絵が売り出されるほど人気のあったことも読み取れる。この他、「怪童力士」も評判となり、「舞鶴駒吉」(公文蔵)などが知られるが、これは相撲を取るわけではなく、25貫の巨体で土俵入りを演じてみせた。天才書家の少女を描いた「玉花子の席書」(公文蔵)も含め、江戸後期には様々な才能を持つ子どもたちが世間の注目を浴び、浮世絵に登場する時代になっていた。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵