作品検索結果詳細

当世東にしき絵/當世東にしき繪トウセイアズマニシキエ

当世東にしき絵/當世東にしき繪

拡大して見る

作者名 国貞 (五渡亭 國貞/歌川 国貞/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ クニサダ (ゴトテイ クニサダ/ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 当世東にしき絵
落款等備考 五渡亭國貞画
制作者備考
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 文政~天保
西暦 1818-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 風俗画
内容2 母子絵 日常生活
内容3 育児 母 子(乳幼児) おんぶ ねんねこ半纏 炊事

追加情報

シリーズ名の「当世東にしき絵」は、二色絵とも書いてあり、錦絵と二人美人を
意味している。この揃物では、美人二人が登場してのさまざまな場面が描かれて
いる。本図は母と、赤ん坊を背負った姉娘。
題名は梅花文様に書かれている。左手の井戸には竹竿が見えており
この竿の先につけた桶で水を汲む浅井戸である。井戸端で米をとぐ
おかみさんと、子守りをしながら糸によりをかけている姉娘である。
姉娘はねんねこ半纏で、赤ん坊には赤い被り物もしており、冬着
である。母は寒さをものともせず、片肌脱ぎで米をといでいるのは
風呂あがりだろうか。ねんねこ半纏は枝橘文。
井戸端での母と子の日常生活の様子がうかがえる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵