作品検索結果詳細

教育 小供風俗画 ぬひとり/教育 小供風俗画 ぬひと李キョウイク コドモフウゾクガ ヌイトリ

教育 小供風俗画 ぬひとり/教育 小供風俗画 ぬひと李

拡大して見る

作者名 春汀   (宮川春汀)
作者名ヨミ シュンテイ  (ミヤガワ シュンテイ)
代表明細・シリーズ名称 教育/子供風俗画
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 明治
西暦 1868-1912
形態 画帖
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯画 日常生活 幼児教育
内容3 遊びと暮らし 学ぶ 遊ぶ 縫い取り 第12恩物

追加情報

幼稚園、および家庭での幼児教育をフレーベルの提唱した「恩物」と呼ばれる遊具を中心に紹介している。恩物による幼児教育は、明治10年頃から日本に導入された。なお、幼稚園は明治8年にできた東京女子師範学校付属幼稚園に代表されるように、限られた上流階級の子女を対象としてスタートし、次第に中流家庭には拡大していった。
庭に敷いたござの上で、男女の幼児が「縫い取り」をしている。縫い取りは布や紙に色糸でさまざまな形、文様を縫いつづることで、刺繍の一種である。フレーベルが唱えた恩物教育では、第12恩物としてこれをあげてある。ここでは紙を使っているようで、手前に正方形の用紙と赤い糸が置いてある。左手には秋の七草であるススキの穂とオミナエシの花が見えている。女子は頭頂を剃り、カッパそのものだ。男子は二分刈りのようだ。
明治中期の、主として「恩物」による幼児教育の様子がうかがえる。恩物による教育は、大正自由教育がおこると衰えていった。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵