作品検索結果詳細

四季の詠おさな遊 晩冬十二月年乃市  シキノナガメオサナアソビ バントウジュウニガツトシノイチ

四季の詠おさな遊 晩冬十二月年乃市  

拡大して見る

作者名 英泉  (渓斎 英泉)
作者名ヨミ エイセン  (ケイサイ エイセン)
代表明細・シリーズ名称 四季の詠おさな遊
落款等備考 渓斎英泉画
制作者備考 蔦屋吉蔵
印章等
印章注記
時代区分 文政頃
西暦 1818-1830
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯画 
内容3 雪遊び 大玉 雪うさぎ 季節(冬) 雪転がし 股引 下駄 足袋 綿入れ 浅草寺

追加情報

四季折々の風景を扇面のこま絵におさめ、その季節に即した子どもの遊びや楽しみを描いた揃物である。
こま絵は雪におおわれた浅草の浅草寺で、本堂、五重塔、仲見世がきちんと描かれており、「年B市」とある。年の市はしめ縄などの正月飾りの他、子どもの羽子板や凧も売られてにぎわった。男の子は買い出しより、雪転がしが楽しいらしく、雪に下駄の歯型(この字)をつけながら、大玉(雪玉)を作っている。棒をてこにする子もいれば、冷えた手に息を吹きかけて暖める子もいる。右後ろの子は雪で作ったうさぎ(雪うさぎ)を持っている。文政2年は卯年でありこの年に作られた浮世絵かもしれない。全員股引に綿入れを羽織り、足袋もはいた防寒スタイルである。
子どものみ描いた子ども絵であり、それも四季の日常の遊びが描かれており、英泉による子ども絵を代表する揃物

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵