作品検索結果詳細

子供遊踊尽 今様春駒/子供遊踊盡 今様春駒コドモアソビオドリヅクシ イマヨウハルコマ

子供遊踊尽 今様春駒/子供遊踊盡 今様春駒

拡大して見る

作者名 英泉   (渓斎 英泉)
作者名ヨミ エイセン  (ケイサイ エイセン)
代表明細・シリーズ名称 子供遊踊尽
落款等備考 渓斎英泉画
制作者備考 和泉屋市兵衛(泉市)
印章等 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯画
内容3 子ども(少女 女子) 舞踊 春駒

追加情報

子どもたちの踊りの演目を題材にした揃物である。江戸後期になると、手習とともにさまざまなけいこ事が盛んになる。特に女子は、「読み書き歌の道」とともに「歌舞音曲」にはげむと、武家への奉公ができ、年期があけると良縁が待っていた。子どもたちの歌舞音曲ブームを背景にした踊り尽しである。
これは「今様春駒」で、竹の先に馬の首形をつけた「春駒」を右手に、手綱を左手に持って舞い踊る様子が描かれている。今様は当世風の意味がある。春駒は竹の両端に馬頭と車をつけ、またがって遊ぶ子どもの玩具であった。また、新年の門付芸人にも春駒を舞う者たちがいた。
江戸後期に子どもたちの間で踊りが盛んであった様子と、その代表的な演目を知ることができる。これは美人画を得意とした英泉の作であるが、貞升にも子どもの踊りをテーマにした「雅舞尽」があり、9種の踊りが紹介されている。
この揃物の内、公文では「今様春駒」の他「すずめ踊り」「石橋」「鹿嶋踊」「筒井つつ」「あたかの松」を所蔵している。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵