作品検索結果詳細

明治初期授業風景  フベンレイジュギョウフウケイ

明治初期授業風景  

拡大して見る

作者名 まつ女  【雪湖】
作者名ヨミ マツジョ   [ユキコ]
代表明細・シリーズ名称 〈不勉励授業風景〉
落款等備考 まつ女
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 明治初期
西暦 1868-1870
形態 大判
種別1 肉筆
種別2 墨絵 着彩
種別3
内容1 子ども絵 教育画
内容2 学校 一斉授業
内容3 教師 生徒 黒板〈白地) 長椅子 数字

追加情報

明治5年の学制によって、文部省は小学校の義務教育化をすすめ、広く就学を呼びかけた。この小学校での教育は、寺子屋方式から欧米の学校方式に転換、黒板を使った一斉授業で、生徒はいすに腰を掛けて学ぶことになった。絵は、政府の方針に従って勉学をすすめるとともに、新しい教授スタイルを示している。
教室の壁に黒板を掛け、袴姿の先生が数字を書いており、足し算の授業のようだ。しかし黒板と言っても白地で、数字が黒で書かれている。左手には、指示棒を杖代わりについている。網代張りの立派な教師用椅子も置いてあるる。手前では、四人の生徒が羽織袴で長椅子にかしこまって座り、授業を受けている。画面の左上には「不勉励て(で)識見に恥を カキクケコ」とある。「勉強に励まず、見識(判断力)がないと、恥をかくぞ」
との呼びかけだ。
明治新政府による新教育の姿を端的に示した教育画で、あわせて不勉強を戒めるスローガンまで付けてある。寺子屋方式から学校での一斉授業への切り替えと、義務教育への当時の熱意が感じられる。絵画としては日本画であるが、落款にある「まつ女」は不詳。印は「雪湖」とも読め、明治28年に四十余歳で死亡した画家に永倉雪湖がおるが関連は不明。
不勉励は識見に恥を カキクケコ

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵