作品検索結果詳細

寺子供幼遊び(戊辰戦争子ども遊び風刺画) テラコドモオサナアソビ(ボシンセンソウコドモアソビフウシガ)

寺子供幼遊び(戊辰戦争子ども遊び風刺画) 

拡大して見る

作者名 作者未詳
作者名ヨミ
代表明細・シリーズ名称 寺子供幼遊び
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 慶応4年(明治元年)頃
西暦 1868
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 子ども風刺絵 遊戯画 手習い絵
内容3 寺子屋  悪戯 けんか 天神机 折り手本

追加情報

メインテーマは戊辰戦争の進展の様子であり、新政府と旧幕府軍の戦いぶりである。しかし、幕末の子ども遊びに場面を置きかえてあり、当時の子どもたちの遊びや風俗を解明する貴重な絵画史料でもある。ここでは、子ども絵としての解読を中心に行い、風刺絵としての解説はおさえ、参考文献A、Bの作品番号ないし頁数を上げておく。
「寺子屋幼遊び」とあり、戊辰戦争を寺子屋での男女入り混じってのけんかに置きかえてある。中央では、先生がきせるで頭をたたくのもかまわず、双肌扱いで取組みあっているのは会津}(女)と薩摩(男)である。手前でひっくり返る天神机をおさえ、赤い筆をかかげているのは土佐。中央手前では、津の足を庄内の女がしっかりつかんでいる。左端で折り手本をふりかざしているのは桑名(女)だ。右後ろでは、天神机の上から「はじまった/\」と高みの見物をきめこむ娘がおり、その陰でこわがっているのが慶喜である。どうやら女子が幕府方、男子が討幕軍のようだ。
慶応4年(戊辰)正月の鳥羽・伏見の戦に始まる戊辰戦争に関しては、多くの風刺画が出版されて人気を呼んだ。なかでも、新政府軍と旧幕府軍の戦いを、子ども遊びに見立てた「子ども遊び風刺絵」が目立つ。従来、風刺内容を中心に研究されてきたので、ここでは子どもの遊び及び風俗の観点から解読を進める。
寺子屋の師匠に対し、側の女が「モシせんせいはやくしかって・・・」と言っており、「先生」という名称が使われているのは注目される。また、大げんかなのに、先生はきせるでゴツンするにとどまっている。

「幕末の風刺画」1995年、町田市立博物館図録 第95集 A Aの図40「子ども遊び風刺絵」⑦(春)
「幕末維新の風刺画」南和男著、吉川弘文館 1995年刊 B

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵