作品検索結果詳細

赤貝馬   アカガイウマ

赤貝馬   

拡大して見る

作者名 春章    (勝川 春章)
作者名ヨミ シュンショウ  (カツカワ シュンショウ)
代表明細・シリーズ名称 赤貝馬
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 安永頃
西暦 1772-1781
形態 細判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯図 舞踊絵
内容3 赤貝馬 馬具 宝づくし 切禿

追加情報

歌舞伎舞踊の赤貝馬である。赤貝馬は江戸湾で採れる二枚貝で、その貝殻を乗馬の鐙とし、ひもを通して手綱とした。子どもたちは貝殻に足を乗せ、手綱を手に乗馬の気分で、歩き遊んだ。これを赤貝馬とも、馬貝ともいった。また、遊びだけでなく、舞踊の演目ともなり、音曲にあわせて踊られた。
髪を切り下げた切禿の少女が立派な赤貝馬を手に、板の間で踊っている。赤貝馬は特別に大きく、手綱も先端には赤い取っ手まで付けてある。禿の美しい衣装は、打出の小槌や隠れ蓑・隠れ笠・宝珠・七宝輪違い・宝巻などを散らした宝づくしである。これは遊びではなく舞踊であり、三味線にあわせて踊る姿である。
『嬉遊笑覧』には、赤貝馬・馬貝の遊びは古くからあったが、劇場で踊られたのは明和二年が最初とある。本図は安永作であり、踊としての赤貝馬を描いた最も古い作品に属すと思われる。天明になると、春朝・清長なども画題に取上げており、可愛いい少女が踊る姿は、踊の演目としても浮世絵の画題としても人気があったようだ。春章に子ども絵は少ないが、公文蔵には「正一位三囲稲荷大明神」もあり、ともに貴重。
絵師の勝川春章は、鈴木春信に続く世代の有力者で、美人画・役者絵・相撲絵の錦絵とともに、肉筆美人画でも知られる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵