作品検索結果詳細

頼光山入遊第二羅しゃうもん  ライコウヤマイリアソビダイニラショウモン

頼光山入遊第二羅しゃうもん  

拡大して見る

作者名 重政   (北尾 重政)
作者名ヨミ シゲマサ   (キタオ シゲマサ)
代表明細・シリーズ名称 頼光山入遊
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 安永頃
西暦 1772-1781
形態 中判
種別1 木版浮世絵
種別2
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯画 子ども見立絵
内容3 ごっこ 少年 羅生門 鬼 面 春駒(竹馬)

追加情報

「頼光山入遊」とあり、源頼光と四天王の活躍を、大江山での鬼退治を中心に、子どもの遊びに見立てたものである。これはその揃物の「第二羅しゃうもん」である。「羅生門」は能や御伽草子となり、よく知られた物語であった。
右側で踏台に乗って柱をだき、鬼面を頭にのせて前の男子の頭巾をわしづかみにするのが鬼である。中央の渡辺網は、鬼の腕をつかみ、腰の辺りに手をかけてこれから鬼の腕を切り落とすところだ。左側には春駒を持つ馬役の子どもと、驚き逃げようとする幼い子がいる。いわば、羅生門ごっこであるが、元気に遊ぶ子どもたちの背後では梅が満開だ。
羅生門の物語が広く知られていたことも、子どものごっこ遊びが盛んだったことがうかがえる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵