作品検索結果詳細

忠臣蔵稚遊二段目 チュウシングラオサナアソビニダンメ

忠臣蔵稚遊二段目 

拡大して見る

作者名 歌麿   (喜多川 哥麿/喜多川 歌麿)
作者名ヨミ ウタマロ  (キタガワ ウタマロ:2ダイ)
代表明細・シリーズ名称 忠臣蔵稚遊
落款等備考 哥麿筆
制作者備考 鶴喜
印章等 版元
印章注記
時代区分 享和2年
西暦 1802
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 物語絵 見立絵
内容3 忠臣蔵 加古川本蔵 桃井若狭助 竹 松 木刀

追加情報

「忠臣蔵」は、赤穂浪士が吉良義央を討ち、主君の怨みを晴らす事件を脚色した歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」をさす。これはその二段目で、桃井若狭助が家老加古川本蔵に高師直(吉良)殺害の決心を打ちあけ、本蔵が松の枝を刀で切って同意を示す場面である。
「稚遊」とあるように、二段目を子どもの遊びに見立ててある。中央で木刀を手に竹の葉を切る少年が本蔵であり、部屋からそれを見る少女が若狭助である。右上のこま絵には、芝居の二段目にそって庭の松を腰刀で切る本蔵と、座敷でそれを眺める若狭助が描かれている。
場面は「忠臣蔵」の見立であるが、主人公は少年・少女であり、初代歌麿の数少ない子ども絵である。
芝居では赤穂事件に登場しない人物も設定してあり、事件の人物とは必ずしも照合できない。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵