作品検索結果詳細

天満天神双六  テンマンテンジンスゴロク

天満天神双六  

拡大して見る

作者名 作者未詳
作者名ヨミ
代表明細・シリーズ名称 天満天神双六
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 元治2年~慶応
西暦 1865
形態 大判2枚貼
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 絵双六
内容2 ゲーム絵 寺子屋双六
内容3 双六 天神 文房具 むち 永沈

追加情報

寺子屋で使う文房具を中心に、寺子屋生活に必要な道具類も含めて双六にしてある。通常の文具以外に、体罰に使うむちや永沈が見られること、仙台の地方版であることが注目される。
「ふりだし」は「天満天神双六」という題名と飛び先のみで絵はなく、「上り」は菅原道真像であり、左右の枡目に松と梅を配してある。各枡目の品では、文房具が右下から筆架、紙、墨掻、草紙、筆、硯、水入れ、硯屏、見台、墨、文台、文鎮、机、文庫、硯箱、色紙、短冊で、これに手本と書物が加わり、次いで生活道具から唐傘、草履札、紙屑かご、さらに商売道具として看板と鞭が入っている。大きな寺子屋では、草履を間違えないように札(下足札)を渡していたようだ。
寺子屋で使う文房具、道具類がよく分かり貴重。現在この1枚しか残っていない。
天満天神双六
*「ふりだし」と「上り」を除き、最下段右下から最上段左上までの順に翻字。
○ふりだし
天満天神双六
一ヲ ふで
二ヲ すゝり(硯)
三ヲ みついれ(水入れ)
四ヲ ぶんちん(文鎮)
五ヲ けんたい(見台)
六ヲ ひつか(筆架)

【一段目】
○ひつか
四ヲ ふで
五ヲ みづ入
六ヲ かみ
○かみ
二ヲ すゝりばこ(硯箱)
三ヲ すみかき(墨掻)
四ヲ すみ
○すみかき
四ヲ すゝり
五ヲ ふで
六ヲ からかさ(唐傘)
○からかさ
一ヲ すみ
六ヲ さうりふだ(草履札)
○さうりふだ
三ヲ かみ
四ヲ かみくつ(紙屑)
○かみくつ
やうちん(永沈)
*浄土双六などで、一度そこに落ちると長く
出ることのできない場所を指す。従って、こ
の「紙屑」に来たらゲーム失格となったので
あろう。

【二段目】
○そうし
三ヲ ふで
五ヲ すみ
六ヲ しよもつ(書物)
元治二年 正月 三さい(歳)
手習草紙
元治二年 正月…
清(書草紙)
○ふで
一ヲ つくゑ(机)
二ヲ すみ
三ヲ ぶんちん
○すゝり
二ヲ みすいれ
三ヲ ひつか
五ヲ けんだい
○かんばん
三ヲ そうし
六ヲ けんびやう

【三段目】
○みついれ
二ヲ ふんたい
五ヲ かんはん
○けんびやう(硯屏)
三ヲ かみ
六ヲ そうし
慶応元乙丑十二月新板
仙台国分町十九軒中見世
絵艸紙屋
○けんだい
四ヲ すゝりばこ
五ヲ かんばん
○すみ
二ヲ すゝりばこ
三ヲ ひつか
○ぶんたい
三ヲ けんたい
四ヲ むち
五ヲ みす入
六ヲ すゝり
○ぶんちん
二ヲ けんひやう
三ヲ かみ
四ヲ てほん

【四段目】
○つくゑ
一ヲ しきし
二ヲ むち
○てほん
二ヲ たんさく
三ヲ つくゑ
四ヲ しよもつ
○むち(鞭)
一ヲ しきし
二ヲ かみくつ
三ヲ たんさく
○ふんこ(文庫)
三ヲ むち
四ヲ ひつか
○しよもつ
一ヲ ぶんこ
二ヲほんこ ( 「ぶんこ」か)
○すゝりばこ
三ヲ つくゑ
五ヲ ふて

【五段目】
○しきし
一ヲ たんざく(短冊)
六ヲ まつ
○まつ
一ヲ むめ(梅)
六ヲ あかり(上り)
○むめ
一ヲ あかり
六ヲ まつ
○たんざく
一ヲ しきし
六ヲ まつ
○上り
*菅原道真(菅公)座像

*文房四友(文房四宝)などの学用品をモチーフにした双六。左下隅の「かみくつ(紙屑)」に入るとゲーム失格になるのが面白い。
(小泉吉永氏翻刻)
遊び方「飛び双六」
・時代は「そうし」の手習草紙・表紙に「元治二年正月」とあり、また「けんびょう」に「慶応元年十二月新板」とあるが、元治二年は四月に慶応になっており、刊行された十二月は慶応である。
・文房具でなじみの薄い物のみ説明すると、筆架は筆をのせかけておく台、墨掻は墨汁、墨滓を掻き集めるへら、硯屏は硯のそばに立ててほこりを防ぐ小さな衝立、見台は書物をのせて読む台、文台は書物や用紙をのせておく台、草履札は下足札と同じ。
・江戸時代には文房具の中でも、紙・筆・墨・硯を文房四宝といって大切にした。この双六にも当然織り込まれている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵