作品検索結果詳細

横笛を吹く金太郎  ヨコブエヲフクキンタロウ

横笛を吹く金太郎  

拡大して見る

作者名 清長   (鳥居 清長)
作者名ヨミ キヨナガ  (トリイ キヨナガ)
代表明細・シリーズ名称 (横笛を吹く金太郎)
落款等備考 清長画
制作者備考
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 享和~文化2年頃
西暦 1801-1805
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 金太郎絵
内容3 金太郎[牧童の見立て] 笛 牛 草刈り籠 草刈り山路のやつし

追加情報

見立絵であるが、用明天皇が草刈りに身をやつして求愛の笛を吹く「山路の笛」か、禅画「十牛図」の「騎牛帰家」か、二説ある。清長は歌麿と並んで数多くの金太郎絵を残しているが、歌麿が美しい山姥と描いているのに対し、清長は動物たちと遊ぶ姿が多く、なかでもこの作品は気品があり、清長の金太郎絵の代表作である。
黒毛でたくましい巨牛に、赤体の金太郎が赤い麻の葉文様を着て乗り、横笛を吹いている。草に草刈り籠を背負っており、草刈りの帰りである。「十牛図」でいえば、探していた牛(真の自己)とようやく一体化し、楽しげに家路についている所だ。背後では、穏やかな波が岸に寄せている。
清長による金太郎絵の代表的作品。
清長は寛政から文化にかけて数多くの金太郎絵を残しているが、その多くは新年にその年の干支(えと)にちなんで作画している。例えば、犬、猿、鶏などと遊んでいるが、正月らしく金太郎も衣服を正しものが多い。この作品は、牛が登場しており、干支の関連も考えられるが、日常の作業着姿であり、優雅な雰囲気からも干支とは別種の見立絵と思われる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵