作品検索結果詳細

友寿々女美知具佐教語呂久 トモスズメミチクサスゴロク

友寿々女美知具佐教語呂久 

拡大して見る

作者名 二代 広重  (二代 一立斎 廣重/二代 歌川 広重)
作者名ヨミ 2ダイ ヒロシゲ  (2ダイ イチリュウサイ ヒロシゲ/2ダイ ウタガワ ヒロシゲ)
代表明細・シリーズ名称 友寿々女美知具佐教語呂久
落款等備考 二代 一立斎廣重画
制作者備考
印章等 年月改 
印章注記 申五改
時代区分 万延元年
西暦 1860
形態 大判5枚貼
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3 ゲーム
内容1 おもちゃ絵 絵双六 
内容2 遊び ゲーム絵 遊戯双六
内容3 双六 遊び(子をとろ子とろ、竹馬、かくれんぼ) いたずら いじめ けんか 迷子 大名行列

追加情報

題名は「反雀道草双六」を示し、子どもたちの道端でのさまざまな遊びや
いたずらが織り込まれている。特に、わらべ歌をうたいながらの遊びが多いことと
大名行列や武士との出合いの見られるところに特色がある。
「ふりだし」は、まといをかかげての火消しごっこで、「上り」は満開の桜に登っての
「お山のぬしはおれ一人」である。背景は河岸、屋敷町、松並木、大川と橋、蔵
桜の山など変化に富んでいる。歌やとなえ言葉、問答をともなう遊びは
「四、七、九、十二、十三、十六、十七、十八、二十、二十二、二十三、二十五
二十六、二十七、二十八、三十、三十二、三十三、三十四、三十五、三十七」と
大半を占める。「六、十五」では荷車で勝手に遊び、犬からかい「二」や
小あんまいじめ「五」などのいたずら、さらにけんか「二十四」もある。
かごの跡つき「へ」、武士の遠乗の跡つき「へ」はよいが、突き当ると
わびなければならない「ほ」。大名行列とぶつかれば休み「十一、二十一、二十九」で
供先を切ると罰を受け「振出し」へもどる「十一」。迷子が登場「は」も珍しい。
子どもたちの豊かな遊びの世界だけでなく、いじめ、いたずら、けんか
さらには武士との関係までうかがうことができる貴重な絵画史料である。
友寿々女美知具佐数語呂久
*ふりだしより上がりまで順に翻字。
喜楽斎茶利人撰
二代 一立斎広重画
一、ふりだし
二、いぬからかい
三、たけむま
四、やまこえて、たにこえて、もふちとおさき
五、小あんまいじめ
六、うし車へぶらさがる
七、いもむしころ
いろは横丁入口無用の者入べからず
八、欠支度(この処へあたれば、いろは横丁へはいる)
九、子をとろ、子をとろ
十、(休)とのさま
十一、此所へあたれば、おともさきをきつて、ふりだしへもどさるゝ
十二、こゝはどこ  、ゆしまのかいど
十三、まはりの  、小ぼとけはなぜせいがひくいな
十四、かくれんぼ
十五、あがりこ、さんがりこ
十六、だうちうかごや、からかごや
十七、おかめじよんぢよろまき
十八、むま(馬)かうし(牛)か、うしのものはおきろ
十九、町飛脚(一)をふれば、手がみがとゞいて、あがり。(六)をふれば、まちがつてふりだしへかへる)
二十、めへためへた、だれがめへた
廿一、(休)とのさま
廿二、どうだうめぐり、どうめぐり
廿三、むかふのおばさん、おちやあがれ
廿四、(休)けんくは
廿五、ちやん  ぎりや、ちやんぎりや
廿六、ざうりきんじよ  、おてんまてんま
廿七、おしりのようじん、こようじん(御用心)、けふは廿八日
廿八、竹の子をおくれ
廿九、(休)とのさま、
三十、おやまの  のおこんさわへ
卅一、いしころめつかりこ
卅二、なんのはながひらいた、れんげのはながひいらいた
卅三、かごめ
卅四、おにのゐないうち、せんたくしよな
卅五、てんたうさま  、このとほり
卅六、さるおに
卅七、おやまのぬしは、おれひとり(上り)

※いろは横丁
い、かごの跡つき
ろ、たがまはし
は、迷ひ子(この処へあたれば、うちをたづねにふりだしまでかへる)
に、かけくら
ほ、突あたつてわ、わびこと(こゝへあたれば、わびごとのすむあひだ、ひとまはり。たゞし、休のうへ、はん目をふれば、わびごとかなはず、ふりだしへかへる)
へ、遠乗の跡つき
と、早使(このところより、廿四ばんへとんで、だん  にかぞへてゆくべし)
(小泉吉永氏翻刻)
遊び方=回り双六

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵