作品検索結果詳細

子供 手ならい双紙 コドモ テナライソウシ

子供 手ならい双紙 

拡大して見る

作者名 貞房   (歌川 貞房)
作者名ヨミ サダフサ  (ウタガワ サダフサ)
代表明細・シリーズ名称 子供 手ならい双紙
落款等備考 貞房画
制作者備考
印章等 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830~1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 けいこ絵
内容3 少女 踊りのけいこ 傘 手習双紙 舞踊「手習子」

追加情報

英泉「手習子」と同様に、歌舞伎舞踊「手習子」を踊る少女であるが、こちらはいかにも町娘のおけいこの情景だ。
英泉の作品と基本的には同一で、飾りかんざしをさし、赤い鼻緒(はなお)の下駄をはいた少女が、蛇の目の傘と手習双紙を持って踊っている。手習双紙には、「天保の・・・」とあり、天保後期にこの踊が歌舞伎で上演され、人気のあったことをうかがわせる。手習子の初演は、寛政4年とされる。妖艶な美人を得意とした英泉と違い、貞房は踊を習っているあどけない町娘が踊る姿を表現している。
ほぼ同時期に英泉の描く芸人の踊る「手習子」に対し、貞房は町娘の素朴な踊りを描いており、両者を対比すると楽しめる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵