作品検索結果詳細

見立 福人子宝冨根(恵比須)/見立 福人子寶冨根(恵比須)ミタテ フクジンコダカラブネエビス

見立 福人子宝冨根(恵比須)/見立 福人子寶冨根(恵比須)

拡大して見る

作者名 三代 豊国 (一陽斎 豊國/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ 3ダイ トヨクニ (イチヨウサイ トヨクニ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 見立福人子宝富根
落款等備考 一陽斎豊國画
制作者備考 (藤慶)
印章等 名主 版元
印章注記
時代区分 弘化頃
西暦 1844-1848
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵 美人画 見立て絵 こま絵
内容3 育児(遊び) 母と子(幼児) 釣りごっこ(座敷釣り) 七福神(恵比寿)

追加情報

シリーズ名に「見立福人子宝富根」とあるように、子どもを七福人に見立てた揃物で
「富根」は「船」にかけてある。こま絵は丸の中に、七福人の本来の姿を描いてあるが
さらに宝船を加え、全部で8枚の揃物である。七福人、宝船という江戸で人気の福神
に子宝を組み合わせた吉祥画。
こま絵は鯛をかかえ、つり竿を手に座る恵比須様である。夷神とも呼び、魚村に
大漁をもたらす漂着神であったが、西宮戍社を中心に福神ともされ、大黒様と
ともに家の神、商人の神として福神の代表になった。本絵は、紙で作った魚を
青い紙にのせ、つり竿でつり上げる遊びを、母と子で楽しんでいる場面だ。
母が見事に鯛をつり上げて、お手本を示している。
江戸後期には七福人詣と宝船の絵を枕の下に敷いての初夢が、福を招くとして
もてはやされた。これに子宝に恵まれ、その子が裕福に育つようにとの願いが習合して
生まれた吉祥画で、当時の人気絵師豊国三代の作品であることからも、福神や子宝への
願いの強さがうかがえる。
・七福人の由来は仏教用語の「七難七福」とされ、室町時代に京の町衆によって
始まったとされる。最初は恵比須・大黒の二神にさまざまな神が組み合わされた。
江戸時代の文化文政頃に、二神と毘沙門天、弁財天、布袋和尚、寿老人
福禄寿という七人の組み合わせがほぼ固まり、宝船とともに福神信仰が大変
盛んになった。

・公文は、豊国三代の揃物8枚を全て所持している。関連作品では
「見立福神子宝富根」の題で、こま絵に鶴亀を配したものがあるようだが
未見。

・七福人は、春信、歌麿、北斎なども手掛けており、公文では歌麿の
「風流子宝船」などを所蔵している。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵