作品検索結果詳細

本朝武優鏡 源頼朝  ホンチョウブユウカガミ ミナモトノヨリトモ

本朝武優鏡 源頼朝  

拡大して見る

作者名 国芳  (歌川 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ  (ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 本朝武優鏡 源頼朝
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 佐野屋喜兵衛(佐野喜)
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 弘化頃
西暦 1844-1848
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画
内容2 武者絵 英雄豪傑
内容3 源頼朝 和歌を詠む 鎧 太刀 虎の尻鞘 空穂 矢保呂 笹竜胆 沓

追加情報

「本朝武優鏡」とあり、武勇に代えて武優を当ててある。優美な姿の武人を集めた揃物と思われるが、源頼朝以外の作品は未詳である。ここでは筆を持たせて和歌を詠む文人に仕立ててある。
画面上部には、源頼朝の略歴を記してある。
床几に座した優美な頼朝のみを描き、背後は白地である。上品な顔立ちで、見事な鎧の胸部には村上源氏の定紋である笹竜胆(ささりんどう)がある。右手には筆、左手には半紙を持ち、歌でも詠む風情だ。腰の太刀には、官人にのみ許された虎の尻鞘をつけている。背には矢を盛る空穂(うつぼ)に矢保呂をかけて負っているが、ここにも笹竜胆の文様が入れてある。足には沓(くつ)をはいているが馬上沓(半長靴)が貫(短靴)かは不明。
武士を中心に歴史的人物を紹介する揃物の1つで武者絵で著名となった国芳の作品。
このような武者は、子どもの人気者でもあり、子どもたちも武者図鑑として楽しんだ。おもちゃ絵にも武者づくしが多い。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵