作品検索結果詳細

大江山鬼賊住家図オオエヤマキゾクスミカノズ

大江山鬼賊住家図

拡大して見る

作者名 芳虎   (錦朝楼 芳虎/歌川 芳虎)
作者名ヨミ ヨシトラ  (キンチョウロウ ヨシトラ/ウタガワ ヨシトラ)
代表明細・シリーズ名称 大江山鬼賊住家図
落款等備考 錦朝楼芳虎画
制作者備考 佐野屋喜兵衛(佐野喜)
印章等 名主2 版元
印章注記 名主:米良 
時代区分 弘化4年~嘉永5年 正月
西暦 1847-1852
形態 大判3枚続
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵
内容2 昔話絵
内容3 大江山 四天王 酒呑童子 鬼の住処(すみか) ガラスの酒器

追加情報

丹波の国大江山に住む鬼賊退治の勅命を受けた源頼光が、四天王たちとともに鬼の住家(住処)に至り、計略をもって宴会で毒酒を飲ませる場面である。
画面中央で扇を手に踊る山伏姿の人物が源頼光であり、左手奥の上段の間で脇息にもたれつつ大盃を持つのが酒呑童子である。頼光のそばのテーブルには、ガラス製の酒器などが並んでおり、鬼が西洋人であることを暗示している。左手前では碓井貞光が赤鬼に酒をすすめ、渡辺綱もいる。右手には坂田金時、平井保昌、ト部季武がおり、都からさらわれてきた姫君や女官たちが立ち働いている。この住処は岩屋に描かれ、右手遠景には岩山がそびえており、深い山中であることを表現している。
大江山の鬼退治は坂田金時の参加もあり、子どもにも好まれた話であった。酒呑童子の首を切る場面が多いなかで、これは計略で毒酒を盛る宴会であり、西洋ガラス酒器などに工夫が見られる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵