作品検索結果詳細

五条橋/五條橋ゴジョウバシ 

五条橋/五條橋

拡大して見る

作者名 国貞
作者名ヨミ クニサダ
代表明細・シリーズ名称 五條橋
落款等備考
制作者備考 川口
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 武者絵 英雄豪傑
内容3 牛若丸 弁慶 なぎなた 五条橋

追加情報

弁慶が五条橋で、牛若丸と出会い、部下になる場面である。弁慶は諸国修行のあと、京に出て千本の太刀を奪う悲願をたて、あと一本というとき牛若丸と会い破れる。「義経記」では場所は五条天神で出会い、競うのは清水観音境内だが、五條橋で描かれることが多い。
巨人であったとされる弁慶を画面いっぱいに勇猛な僧兵の姿で大きく描き、そばに小柄で貴公子のような牛若丸を配してある。弁慶は赤黒い顔でなぎなたを持ち、牛若丸は白願で、見事な太刀と日の丸の扇を持ち、高下駄をはいている。空には月も出ている。黒田氏テキスト参照。
有名な五条橋の牛若・弁慶で、天保期に浮世の第一人者であった国貞の作品。やや迫力にかける。
武蔵坊弁慶
御曹子牛若丸
五條橋

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵