作品検索結果詳細

諸国合戦双六/諸國合戰雙六ショコクカッセンスゴロク

諸国合戦双六/諸國合戰雙六

拡大して見る

作者名 芳虎  (一猛斎 芳虎/歌川 芳虎)
作者名ヨミ ヨシトラ  (イチモウサイ ヨシトラ/ウタガワ ヨシトラ)
代表明細・シリーズ名称 諸国合戦双六
落款等備考 一猛斎芳虎画
制作者備考 和泉屋 市兵衛
印章等 名主二印 弘化4年~嘉永5年
印章注記
時代区分 弘化4年~嘉永5年頃
西暦 1847-1852
形態 大判4枚貼 
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3 ゲーム絵
内容1 絵双六 歴史(合戦)
内容2 歴史 合戦づくし 紙製玩具
内容3 合戦 双六

追加情報

源平合戦から南北朝にかけての各地の名高い合戦を取り上げてある。
「ふり出し」は鈴鹿橋夜景で、橋上に座り込んだ少年を武士が取り囲んでいる。これは通常は矢作橋とされ、少年日吉丸の大胆さに蜂須賀小六たちが驚く場面である。「上り」は「足利尊氏、多々良浜出航の図」で、九州に逃れた尊氏が福岡多々良浜の合戦に勝ち、再び京に攻め上る船出を描いてある。このほか19の合戦が題材になっており、木曽義仲、源賴朝、義経、藤原秀衡、楠正成、武田勝賴、豊臣秀吉などが登場する。城もいくつか描かれているが、千破(早)城は白壁・瓦屋根のこんな立派な建築ではなかった。江戸時代の城のイメージで描いてある。
江戸の子どもたちは、絵双六で、遊びながら歴史物語を楽しんだ。これは合戦双六の代表的な作品である。
粟津が原合戦 上り 足利尊氏、多々良浜出航 宰川合戦 堀川夜討
相馬の□     宗盛一之谷退散   千破城  賴朝□
高衡(松)水責  和田御崎合戦    天目山合戦   砥石合戦
楠割普請     三草山責      小田井城責    鈴鹿橋夜景
播州高砂松   秀衡評定      藤川陣所      ふり出し
遊び方「飛び双六」
・合戦武者双六も数多く作られているが、表題に合戦のついたものは少ない。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵