作品検索結果詳細

浦島太郎ウラシマタロウ

浦島太郎

拡大して見る

作者名 春扇  (勝川 春扇)
作者名ヨミ シュンセン  (カツカワ シュンセン)
代表明細・シリーズ名称 〈浦島太郎〉
落款等備考 春扇画
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 文化頃
西暦 1804-1818
形態
種別1 木版浮世絵
種別2
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 昔話絵
内容3 浦島太郎 龍宮 天橋立

追加情報

「浦島太郎」の物語である。古代から神仙思想にもとづく話として、「丹後国風土記」や「浦島明神縁起」で伝えられた。江戸時代には版本として広がり、子どもにも語られるようになった。
右手海上に松林の続く砂嘴が伸び、ここは丹後(京都府北部)の天橋立であろう。左手では、打ち寄せられた大きな貝から煙が立ち昇り、龍宮城が現れている。中央では赤い服の老人が笑顔で手を上げて立ちつくしており、帰国後の老いた浦島のようだ。そばに驚いて指さす子どもや、赤ん坊を背に熊手を持つ母、大きな魚籠と漁師、大碇などが描かれている。
浮世絵に描かれた浦島太郎では、比較的初期の作品であり、帰国後の老いた浦島と龍宮の幻影は珍しい場面構成である。
春扇には<浦島太郎と乙姫>(公文蔵)もある。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵