作品検索結果詳細

五色和歌 定家卿 赤ゴシキワカ   テイカキョウ アカ

五色和歌 定家卿 赤

拡大して見る

作者名 芳虎  (錦朝楼 芳虎/歌川 芳虎)
作者名ヨミ ヨシトラ  (キンチョウロウ ヨシトラ/ウタガワ ヨシトラ)
代表明細・シリーズ名称 五色和歌定家卿
落款等備考 錦朝楼芳虎画
制作者備考 和泉屋 市兵衛
印章等 名主2
印章注記 名主:衣笠・濱
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵 美人画 こま絵
内容3 育児 美人 子ども(女子 少女) 手習い(習字 書道) 和歌(定家)

追加情報

五色の和歌にちなんだ揃物。この「赤」は姉と弟だが、青と白は母と子であり
いずれも母子絵の部類に入る。また手習絵でもあり、定家の歌とあわせて
「読み書き 歌の道」の重要性をも説いている。
国芳の門人芳虎の絵で、「幼童諸芸教草」とほぼ同じ構図である。こちらの子どもはもう五、六歳か。折り手本の「源平藤橘」は、名前に使われる字を集めた『名頭』と呼ばれる往来物の最初の字である。折り手本は、白地のものを売っており、家人や寺子屋師匠が必要な字を書いて、子どもに与えた。源平と並べて「春夏秋冬」の字が読める。歌人藤原定家の和歌から、五色にちなんだものを選んで「五色和歌」としたシリーズで、これは赤。左上のこま絵に、紅葉を賞でる定家を入れ、歌は「しぐれつる雲の日かげにそめられてもみじをおろす峯のこがらし」。手習いにはげみ、定家のような歌詠みになることを願っているようだ。姉の着物も源氏香の文様である。なお、このシリーズの青は、玩具の獅子頭をかぶり、髪楽鈴を手に踊り遊ぶ子と、裁縫をしながらやさしく目を注ぐ母の絵だ。
姉から手習を教わっており、家庭での手習絵であり、「読み書き歌の道」の
大切さを説いている。
五色和歌 定家卿

 しぐれつる 雲の日かげにそめられて もみじをおろす 峯のごがらし

藤原定家(1162~1241)、鎌倉前後の歌人、「新古今集」の選者
歌集「拾遺愚草」、日記「明月記」を残す。

本絵のバックには紅葉をデザイン化して散らしてある。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵