作品検索結果詳細

五色和歌 定家卿  ゴシキワカ  テイカキョウ

五色和歌 定家卿  

拡大して見る

作者名 芳虎   (錦朝楼 芳虎/歌川 芳虎)
作者名ヨミ ヨシトラ   (キンチョウロウ ヨシトラ/ウタガワ ヨシトラ)
代表明細・シリーズ名称 五色和歌定家卿
落款等備考 錦朝楼芳虎画
制作者備考 和泉屋市兵衛(泉市)
印章等 名主2
印章注記 名主:衣笠・濱
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 こま絵
内容3 育児(遊び:高い高い) 和歌(定家) 幼児 武者人形

追加情報

藤原定家の五色(青・黄・赤・白・黒)の和歌にちなんだ揃物。
こま絵には、歌に読まれた風物を楽しむ定家が描れている。
公文の所有するものは、いずれも母子絵で、赤は手習、青は
裁縫する母と踊り遊ぶ子である。和歌と母子絵を組み合わせ
ているが両者の関連はあまりない。
こま絵は、白い瀧を眺める定家で、山桜も咲いている。本絵は、子どもを高くかかげて
「高い高い」をする母で、瀧にちなんで両滝縞の小袖を着ている。子どもの腰には
白い房のついた巾着(お守り入れ)がついている。左には、祭りの子ども用山車が
描かれており、松を背に鎧かぶとの武者人形が立っている。バック全面には山桜の
花びらが散らしてある。
和歌と母子絵を組み合わせており、「読み書き歌の道」への町人の関心の高さが
うかがえる。
しら雲の八重たつ みねの山桜 空にも つづく
瀧つ川浪


『国歌大観』の表記
白 白雲の 八重たつ峰の 山ざくら
 空にもつづく 瀧つ川風
五色和歌は「拾遺愚草員外」に収められており、五色に五行、五方を加えた
十五首和歌となっている。
なお「瀧つ川浪」は「瀧つ川風」と表記したものもある。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵