作品検索結果詳細

当時高名 会席つくし 木引町 萬彦/當時高名 會席つくし 木引町 萬彦トウジ コウミョウ カイセキツクシ コビキチョウ [マンゲン]

当時高名 会席つくし 木引町 萬彦/當時高名 會席つくし 木引町 萬彦

拡大して見る

作者名 国貞 (五渡亭 國貞/歌川 国貞/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ クニサダ (ゴトテイ クニサダ/ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 当時高名/会席つくし
落款等備考 五渡亭國貞画
制作者備考 山口屋
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 文政~天保
西暦 1818-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画
内容2 母子絵 こま絵(名所)
内容3 育児 母 子(乳幼児) おんぶ 木引町(木挽町) 会席(萬彦:こま絵)

追加情報

國貞による揃物で、こま絵に名高い料亭を、本絵に一人立の美人芸者を
描いている。三十数枚ほどの揃物であるが、子どもをだく姿は珍しい。
こま絵は木挽町の料亭萬彦。寒い冬の母(芸者)と子で、母は黒い無地に
縞の前垂れ、その上に菊菱の羽織を着ている。子どもは、格子文様の
綿入れですっぽり体をくるんでもらい、被り物もして、万全の防寒対策を
している。背後には巾着も見えている。
國貞の揃物の代表的な作品で、冬の子どもの防寒着がよく描れている。
会席は会席茶屋を指し、高級な料亭のこと。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵