作品検索結果詳細

舌切すずめ シタキリスズメ

舌切すずめ 

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ  (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 舌切すずめ
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判ヨコ
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵 物語絵 おもちゃ絵
内容2 昔話 おとぎ話
内容3 舌切り雀

追加情報

昔話「舌切雀」の発端から結末までを、一枚にたくみに納めてある。説明文はまったくないが、子どもたちは一人で筋を追って楽しんだり、仲間に語って聞かせたりした。善人の爺さんが宝物に恵まれ、意地悪な婆さんが化け物に襲われる、勧善懲悪物語である。
画面右下から<壱>爺さんの可愛がっていた雀が婆さんがこしらえた団子を食べてしまう。<二>婆さんは怒って雀の舌を切って放す。<三>爺さんは雀の御宿を訪ね歩く。<四>竹やぶで雀の御宿を見付ける。<五>歓待され、ご馳走をいただき、雀踊りを見物する。<六>土産に軽いつづらをもらって帰る。<七>家で開けると金、銀、さんご、綾錦が出てくる。<八>軽いつづらを残念がり、婆さんが御宿を訪ねる。<九>帰りに重いつづらをもらってくるが、開けてみるとろくろ首など化け物が出てきて、婆さんを襲う。
昔話「舌切雀」を1枚に納めてあり、おもちゃ絵のような扱いで子どもたちが楽しんだ様子がうかがえる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵