作品検索結果詳細

当世子宝十景 両国/當世子寶十景 両国 トウセイコダカラジッケイ リョウゴク

当世子宝十景 両国/當世子寶十景 両国 

拡大して見る

作者名 英泉   (渓斎 英泉)
作者名ヨミ エイセン  (ケイサイ エイセン)
代表明細・シリーズ名称 当世子宝十景
落款等備考 渓斎英泉
制作者備考 和泉屋 市兵衛(泉市)
印章等 極 板元
印章注記
時代区分 天保
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画 風景画(こま絵)
内容2 母子絵 名所
内容3 母と子(乳児) 育児(授乳) 両国 反物 蝙蝠柄 両国橋

追加情報

「当世子宝十景」の題で母の子宝への愛育ぶりを示すシリーズだが、これは母の情愛が最も示される授乳場面である。しかし、母は忙しいのか、立ったままのあわただしい授乳となっている。
母は外出先から帰ったばかりだろうか、黒い外出着の裾をおろしたまま胸をはだけて子に乳房を与えている。帯の裏には蝙蝠(こうもり)の文様があるが、これは中国伝来で、福を呼ぶ印とされた。足元には美しい反物が重ねてあり、ここは呉服商の家のようだ。こま絵の両国は、橋のたもとに見世物小屋や商店が軒を並べる盛り場であった。
「子宝」をテーマとする揃物の一つで「当世子宝十景」のうち「両国」である。公文教育研究会では他に「富ヶ岡のふじ」「高縄の月」を所蔵している。いずれも、母と子の日常生活をよくとらえている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵