作品検索結果詳細

幼童席書会/幼童席書會ヨウドウセキガキカイ

幼童席書会/幼童席書會

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ   (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 幼童席書会
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 弘化頃
西暦 1844-1848
形態 大判3枚続
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 手習い絵
内容3 習字 席書会 子ども(少年 少女) 天神様 清書 赤飯 晴れ着

追加情報

「幼童席書会」とあり、寺子屋の子どもたちによる成果発表会・教室見学会である。席書とは、公開の席で書画を書くことだが、寺子屋では二月二十五日の天神様の命日と夏など、年二回くらい開かれた。この日は、日頃習い覚えた字句を清書し、鴨居などにかかげて家族や近所の人たちに上達ぶりを見てもらい、ご馳走をいただくなど楽しく過ごした。
席書には晴れ着で集まり、左図のようにまず床の間の天神像画幅に手を合わせて学業上達を願い、仲間にも挨拶し、新しい半紙をもらう。左手前や右手前では、半紙を緋毛氈に広げて、日頃習い覚えた字句を大書している。仕上がった作品を貼り出してもらうと、師匠や助手にほめてもらい、赤飯などのご馳走をいただいて食べる(中央奥)。庭に出て遊ぶ子どももいる。寺子屋では、一人一人進度が異なっており、貼り出された文字も全てちがう。同じ字で優劣を競う心配はない。
寺子屋で年に2回ほど開かれる席書会をテーマにしており、寺子屋の行事を示す貴重な史料画である。この日を楽しみにしていた子どもたちの様子がよく表現されている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵