作品検索結果詳細

両国橋夕涼光景 リョウゴクバシユウスズミコウケイ

両国橋夕涼光景 

拡大して見る

作者名 二代 豊国 (二代 歌川 豊國/三代 歌川 豊国/歌川 国貞)
作者名ヨミ 2ダイ トヨクニ (2ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 両国橋夕涼光景
落款等備考 応需國貞改 二代 豊國画
制作者備考 山本屋平吉
印章等 名主1 版元
印章注記 名主:村松
時代区分 弘化元年頃
西暦 1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画 風俗画
内容2 母子絵 美人画 名所
内容3 育児(おんぶ) 母と子(幼児) 季節(夏) 両国橋 かごかき人形 小田原提灯 隅田川

追加情報

題名の通り、両国橋での夕涼みの光景であり、母と子が橋上で川風に吹かれながら
にぎわう川面や両岸の情景を楽しんでいる。
両国橋で夕涼みを楽しむ三人の美女で、二人が子どもを連れている。右の母は
幼子をおぶって右手には年玉印の団扇を持っている。中央の母は娘を連れ
小田原提灯を持っており、右の子が欲しそうに提灯に手を伸ばしている。娘は
竿につるしたかごかき人形を持っている。豊国は、右の母には空色の地に紺と
白抜きの鷹、左の美人には有松絞りなど、大胆なデザインの夏着を着せ、髪飾り
や下駄まで、ファッションをきちんと描いている。背景の隅田川の夕刻のにぎわい
も巧みに表現している。間もなく花火も打ち上げられるであろう。
江戸の人々は四季折々に花鳥風月を楽んだ。この作品は、母子で夕涼を楽しむ
風俗が、みごとに描かれている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵