作品検索結果詳細

東都七福神詣の内 日暮 布袋 トウトシチフクジンモウデノウチ ニッポリ ホテイ

東都七福神詣の内 日暮 布袋 

拡大して見る

作者名 貞虎    (五風亭 貞虎/歌川 貞虎)
作者名ヨミ サダトラ   (ゴフウテイ サダトラ/ウタガワ サダトラ)
代表明細・シリーズ名称 東都七福神詣の内
落款等備考 五風亭貞虎画
制作者備考 江崎屋
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃 ※原色浮世絵大百科による
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵 こま絵(名所)
内容3 育児(おんぶ) 母と子(幼児) 布袋 日暮里 七福神 洗濯だらい

追加情報

江戸の七福神詣と母子絵を組み合わせた揃物である。日暮布袋とあるのは、今の
日暮里・修性院の布袋尊で、上野不忍池の弁才天、谷中天王寺の毘沙門天など
とともに谷中七福神の一つとして参詣された。
こま絵は、布袋を祀る日暮里修性院である。本絵は、母がおぶった子の顔を
洗濯だらいの水面に映しているところで、麻の頭巾をかぶった子は大よろこびで
手を振っている。縁側には水を絞った洗濯物が置いてあり、母は洗濯の途中で
子をあやしているのだろう。ひょうたん文様の前かけをして、抱え帯をしめており
家事姿である。母子絵には子どもを水面に映す場面がよく登場する。当時の鏡は
すぐくもり、よく映らなかったからでろう。
江戸の七福神詣の隆盛と、母子の日常生活を反映した作品。
・子の幸福を七福神の布袋に願っているだけで、見立て絵とまではいえない。
母子ともに、布袋の特長(腹の露出、福々しさ、袋を担う)は全くない。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵