作品検索結果詳細

子宝遊 髪結い  コダカラアソビ カミユイコダカラアソビ カミユイ

子宝遊 髪結い  コダカラアソビ カミユイ

拡大して見る

作者名 国貞 (香蝶楼 國貞/歌川 国貞/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ クニサダ (コウチョウロウ クニサダ/ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 子宝遊
落款等備考 香蝶楼國貞画
制作者備考 森屋治兵衛(森屋次兵衛)
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画 母子絵
内容2 母子  日常生活
内容3 子育て 髪結い 女子 化粧台 櫛 屏風 丼

追加情報

國貞の母子絵を代表する揃物であり、「子宝遊」というシリーズ名を歌川派の年玉印の中に入れてある。公文で所蔵するだけでもこの「けんか」のほか「からくり人形」「雷」「授乳」「髪結い」(いずれも仮題)がある。國貞は化政・天保期の廃類的世相を代表する美人画絵師として最高の人気を得た。しかし、このシリーズはいずれも家庭の日常生活に見られる母子を健全に描いている。
どうやらお出かけ前に髪を結い直し、化粧を整えるところのようだ。正座した娘の後から、母がていねいに髪をすき、これから結い上げるところだ。右側には、さまざまな櫛を入れた箱(化粧箱)がある。櫛は髪をすくだけでなく、髪飾りとしても使った。左後ろの黒い箱は化粧台で、上には鏡を架けてあった。背後の屏風には満開の桜と小鳥が描かれており、季節は春、これから親子で花見に出かけるのだろう。手前には丼が置いてある。
天保期の家庭での母子の日常生活だが、細部までよく描かれており、子どもを大切に育てる様子が具体的に理解できる。
娘の髪を結うのは母の役割であったが、十五、六歳の結婚適齢期までには、娘が自分で結えるように指導しなければならなかった。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵