作品検索結果詳細

恩愛撫子合 唐なでしこ オンアイ ナデシコアワセ カラナデシコ (オンナイ ナデシコアワセ)

恩愛撫子合 唐なでしこ 

拡大して見る

作者名 二代 豊国 (二代 歌川 豊國/三代 歌川 豊国/歌川 国貞)
作者名ヨミ 2ダイ トヨクニ (2ダイ ウタガワ トヨクニ/3ダイ ウタガワ トヨクニ/ウタガワ クニサダ)
代表明細・シリーズ名称 恩愛撫子合
落款等備考 國貞改二代 豊國画
制作者備考 総州屋与兵衛(総与)
印章等 名主1 版元
印章注記 名主:衣笠
時代区分 弘化元年頃
西暦 1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵
内容3 育児 母と子(女子 少女) 糸まき 撫子 唐なでしこ

追加情報

なでしこにちなんだ母子絵である。撫子は、小さくてかわいい花を愛児に見立てて呼ばれた。さまざまな撫子の種類にちなんだ歌と母子絵を組み合わせた揃物。
こま絵は「唐なでしこ」で、本絵は糸まきをする母と娘である。母は立てひざで座り
娘と調子を合わせて糸をまき取っている。
唐なでしこは石竹ともいい、平安時代に中国から渡来した。この際に、従来から
あるカワラナデシコを大和撫子と呼んで区別し、日本女性の美しさのたとえとする
ようになった。唐なでしこは江戸時代に栽培が流行した。
撫子(なでしこ)にちなんで、母子の愛情あふれる日常生活を描いたシリーズの一つである。
恩愛撫子合唐なでしこ
雨や日をほとよくうけしはち植の
から撫子をそたちはえせる
鶴のや
国貞改二代豊国画
(小泉吉永氏翻刻)
国貞が豊国(三代)を名のったのは弘化元年からである。
撫子は、小さくてかわいい花を愛児に擬して名付けたとされる。
平安時代に中国原産のカラナデシコが伝来し、日本在来のものをヤマトナデシコ(大和撫子)と呼んで区別するようになった。ヤマトナデシコにも、カワラナデシコなどさまざまな品種がある。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵