作品検索結果詳細

子宝遊  コダカラアソビ

子宝遊  

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ  (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 子宝遊
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 伊場屋仙三郎
印章等 版元
印章注記
時代区分 天保末頃
西暦 1841-1844
形態 大判3枚続
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 遊戯画 文字絵 字づくり絵 子宝絵
内容3 少年 少女 「寶」の文字 餅花

追加情報

山上憶良の歌(万葉集)でも知られるように、日本では古くから子は何物にも代えがたい宝とされた。しかし、子宝思想が一般化するのは、泰平の世が続き、町家・農家を問わず家の継続が重要視された江戸時代である。浮世絵にも「子宝」をテーマとする作品が数多く刊行されたが、これは「子宝遊」と題して子どもたちが「寶」の字を作る「字作り絵」になっている。
右上に「子宝遊」と題があり、まわりをお多福・当り矢・小判などをつけた餅花で飾ってある。中央では5人の子どもが「寳」の字を組み立てている。寳は寶の異体字で、玉・土器・財貨などを屋根の下にいれ、大切に保存することを示す。右の5人は貝の下部を運んでいるが、貝(子安貝)は宝のことでもある。左の5人の手前2人が天秤棒で王の字を運んでおり、これは本来玉である。尓は缶で、土器を示す。国芳は男女の衣装やポーズにも工夫をこらし、字作りを楽しむかのように描いてある。
「子宝」をテーマにした浮世絵は数多くあるが、これは「字作り絵」の3枚続あり、またさすが国芳だけに画面構成、子どもたちの描写も面白く、ユニークな子宝絵になっている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵